花火の夜 ドンドコドン

お盆も過ぎ夕暮れが早くなりました。昨日は北陸の家から花火を見ました。東京はドンヨリでしたが、北陸は幸い晴天に恵まれました。

img_2548 img_2651 img_2690

img_2559 img_2617
img_2662 img_2688 img_2696

この日をみんな楽しみに待っておりました。花火職人さんはどんな気持ちで作ったのかな…。手仕事っていいな…花火っていいな…沢山の人に素敵な一夜をありがとうございました。

お読みいただきありがとうございます。

pine tree – pine for your true self -pine away ☆彡

こんにちは、いよいよお盆ですね。帰省中の方、お仕事の方、ご自宅でごゆっくり
お過ごしの方…みなさまそれぞれだと思います。
img_5499

今日は北陸からの移動の途中で京都で友人に会ってランチをいただいてこれから東京に帰ります。

img_5519

img_5527img_5544お茶の花火?水中花みたいなお茶を頼みました。初めは葉っぱだけで閉じているのですがみるみるうちにポットの中で開花です。移りゆく視覚がキレイで驚きました!その名も“over the rainbow”ネーミングからして素晴らしい。

img_5540img_5547

私はピンポイントで北陸と新宿にしかいないので、京都に立ち寄れて同業者以外の友人とお話出来ただけで本当にこころが満たされました。

img_5468

今日は「松」pineについて考えて見たいと思います。松というと盆栽のイメージだったり、防風林のイメージだったり、松ぼっくりのイメージだったり…。松葉は二股に別れて尖っていて、子どものころはイタズラでチクチクして遊んだりしていました。

img_5111img_5380

常緑樹のため冬でも緑のままでいてくれるだけでなんだか感謝です。

img_5112

北陸のマンションの下は松原が広がっております。海の近くの松原は夏への入り口のようです。

img_5070

英語にすると松はpine treeです。pine単独ではなくpine forになると、焦がれるとか、〜を思って苦しむという意味になります。 pine awayになると悲しみのために活気を失ったなどの意味になります。exhaustのような意味でしょうか…。

img_2105

チクチクの葉っぱでいつも緑レンジャー。松の葉はチクチクで自分を守っているのでしょうか。松の葉のチクチクの中には松脂などの多くのお宝が眠っている気がします。ひとのこころに例えてみると、チクチクで精一杯守っている方のこころの真核に触れ合うまでにはカウンセラーにもチクチクの痛みとその奥の繊細なこころに向き合うための敏感なこころが必要だと考えています。

ハリネズミのジレンマですね…。暖めあおうとしても2人ともにそれぞれのハリハリがあります。

img_2390

チクチクにやられてpine awayになってしまうこともありますよね。

img_2825

ご自身のチクチクのなかにある脆弱性を人に見せることは恥ずかしい辛い作業かもしれえません。原始的な防衛機制は逃避や否認や投影性同一視です。その状態にあるひとは、誰かのせいにしたり、なかったことにしたりすることでやり過ごしています。松の葉のチクチクにカウンセラーがずかずかと入らせていただくことは失礼千万なのかもしれません。そのような方に直面化を促すとハリハリ攻撃によってpine awayの刑に処されます。でも、カウンセリングの中で次第に信頼関係が構築され、クライエントさんのチクチクの中の真核に入れていただけた時にはそこからカウンセリングが一気に進むこともあります。その一方で難しいのは柳のような木です。春にはには目に優しくたなびきます。そのたなびきの中は風でさえもするりとかわします。そう、柳の真核に迫ることは松よりもずっと大変で翼を持った木のように鳥みたいにふわりとさらりと飛んでいきます。ハリハリとは別な意味で難しいのです。柳タイプの方との3次元でのカウンセリングほど難しいものはありません。

img_3101

人のこころと木を一緒にはできないけれど、松のことを考えていたら思考がこんな風に流れて行きました。

img_5110ピアノも鉛筆も木を使用しています。出来上がった製品は「モノ」かもしれません。カウンセリングも「関係というモノ」かもしれません。作るのも弾くのも関係を作るのも人間です。先日私の大事にしているピアノをエンピツの後ろを使って弾いた方がいました。私の指がピアノに向かないと嘆いていたので、エンピツでもこんなに弾けるとお伝えしたかったのかも知れない…ピアノはその方にとって単なるone of productsだと考えて?他意はないのかもしれません。でも、私はその行動にとても傷つきました。私のピアノは“unique one”なのです。ピアノが上手い・技術が優秀なこと「優しい音」と「こころの優しさ」は別ものなんだと思うと悲しくなりました。別のエピソードをもうひとつ、お邪魔したクリニックで若手Dr.の机の上に座り足をブラブラさせた「非常に優秀な」Dr.がいました。医師にとって机は聖域です。「御机」ということばがあるように、大変失礼な行為です。机に座られた若手Dr.は非常に優秀なDr.に大変失望しておりました。でも、机に座った優秀なDr.に悪気はなかったと思うのです。ただ椅子が足りなかったからなのかも…。

img_5427

自分がされて嫌なことは人にもしないことって重要だけど、嫌なことのベクトルは人によって異なるので模索することってとても大変なことですね。img_5147人間性は言語よりも行動や態度に出てしまうことがあります。ひとは誰でもみな疲れている時もあるし、余裕がないこともあります。ひとりの時に100回ため息をついたり、大きな声で歌ったり、少しだらしない側面があっても大あくびをしてもほとんど問題ありません。ただ目の前に人がいる時にはちと気をつけた方が良いなと自分自身も内省しました。

img_5424

松のお話から大分飛躍しましたが、私は、優しいこころと優しい手と優しい音を統合出来るようになりたいと考えています。優しい手でも音でもこころが伴わない無粋な手であることがわかったなら私は嫌いです。私の課題はこころ由来の優しい手であり優しい音です。病院である看護師さんの手技を見ていました。彼は患者さんの表情をしっかり見守りながらも患者さんの体位が安全に保たれるように手ではしっかり患者さんの背中を支えています。優しい手はまず、相手を思う優しいこころがあってこそ生まれるのかも…。鉛筆弾きでも良い音は出るし、他のDr.の机にあぐらをかいても…ピアノは上手だし、その医師も新患さまは何ヶ月待ちなほど人気です。腕の良さとこころは関係ないのです。私の過敏なファンタジーなのでしょう。でもそのファンタジーのセンサーは大切にしたいです。このような私のような考え方は空想否認美化傾向と考えています。あまり高次な防衛機制ではありません。

img_2387

img_2386

私はピアノで優しい音を表現することは出来なくても、こころスタートの優しい音が出るようになりたいし、pine away の刑にあっても私はこころについて考え続けていきたいです。そして傷ついても立ち直る力を持てる方法を模索していきたい次第です。下の形状記憶メガネ拭きのように…pine away の刑から学び優しさと愛を100倍に蓄えて復活するにはどうしたらよいのでしょうか。立ち直りの力・こころの回復力を心理用語ではレジリエンスresilienceといいます。耐久性と訳す方もいるのですが、私はレジリエンスをこころのバネやしなやかさだと考えているので、耐久性という訳語は好きではありません。resilienceの反対用語は脆弱性vulnerabilityといいます。脆弱と訊くとネガティブに思われるかも知れませんが、私は脆弱性の中にこそ優しさが根を張っていると考えております。脆弱で繊細なこころから優しさは芽生えるのではないでしょうか。

img_2393
img_2384img_2383

お盆を迎えてもまだまだ暑い日が続きます。どうぞ、ご自愛ください。

img_5512

img_5476

長文をお読みいただきありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

直面化(confrontation)に対する一考察

こんにちは、あっという間に8月ハヅキでございます。

img_5113

img_5368

今日は自分への内省も込めて直面化について考えてみたいと思います。結論から申し上げると、直面化(ものごとを逃げずに見つめること)という作業は非常に疲弊します。こころにイガグリを持っているような感じです。

img_2324

あまりにも辛い心理的な出来事に遭遇した時、人には健忘・回避・解離という防衛機制が生じて守ってくれます。他責(相手のせいにする傾向)も備わっており、だれかのせいにすることで心の負担から逃れることもあります。心理検査などで概ねその傾向がわかります。私は「こころ」のことを仕事にしています。かつて、何も知らされず呑気に心理検査を受けた後に友人から自分の心理検査の結果をいただいたり、逆に友人に結果を返したりしながら心理士になりました。心理検査は大きく分けると「認知」と「パーソナリティ」の2種類があります。病院ではコストなどの関係もあるので、まずは「パーソナリティ」系の検査から施行することが多く、ピカルディ3rd.でも心理検査のご要望があった際には概ねそのようにしております。

img_2268 img_5160

パーソナリティの検査といっても本当に多くの種類があり、勉強しなければついていけないことも多くて…疲れてしまいます。それに、「検査なんてどうでも良いから悩みを訊いて下さい」というクライエントさまも多いのが現状です。

img_4666

あ、また迂遠になりました。失礼いたしました。今日は直面化について考えてみたかったのです。私はこころに生じたものごとや出来事から逃げない、逃げられない性格です。そして「忘れられないこと」ために、もっと大事な約束などを忘れてしまうこともあります。

img_5330

こころにaccidentが生じると没頭してもっと大事なことの優先順位がつけられなくなってしまうこともあります。

img_4568

よく上の先生や同業者から指摘されます。「そのことは忘れた方がbetterです」と…。私は「忘れな」と言われることと「心配している」そう言われることが嫌いです。「しんぱーい」とか言われると、私は心の中で「あなたみたいにeasyじゃないし」「ご心配…そりゃどうも」と反抗心を燃やすのです。

cf439199-dc3c-4944-8e3c-505df022544f

熟考してみると特に同業者から「切り替えていきましょう」とか「忘れてしまいましょう」といわることに対する一種の「アレルギー反応」なんだと思います。私ゃ、徹底的に悩みあぐねずに機械人間みたいに「まぁ言ってもね〜クライエントさんダカラね〜」というようなよく言えば「省エネで保守的」な心理士にはなりたくないと頑なに思ってしまいます。(心配している)は当たりのことです。そんなことよりはお悩み解決思考です。

48386419-d5c8-4051-b2ee-84a5bdc9f8f3

しかし*逆説の後のbutをぜひお読みいただけましたら幸いです*クライエントさんの状態によって心配してもらうことや辛さを回避することや直面化しないことでなんとか刹那をやり過ごしていることも非常に多いと思います。刹那の連続がプロセスになります。私にはクライエントさんを「直面化」に導く権利はありません。自分と比較することも業務外のことです。ただ、私は眼の前にいらっしゃる方に中立的に関わることしか出来ません。それが、感情労働の辛いところです。「人を変えることは出来ません」と教授からよく言われたものです。

img_5153

でも「感情労働者」だからこそ、自分の感性に耳を澄まして、今繰り広げられる自分のどんな感情からも目を逸らさないこと、人を諦めないこと、人を学問からジャッジしないこと…そのためには辛いけど、こころに生じた膨大なinputを殺さず、かつ、客観性をも担保した心理士になりたいとただだ一生懸命です。

img_5402本当に未熟者で内省することが多い夏です。こんな私ですが、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

img_5376

お読みいただきありがとうございます。